Soudattanoka Edobakufu Edobakufunoseisaku keizai-zaisei-shakai MCD Books Abira Unken

ISBN:

Published: September 22nd 2013

Kindle Edition

110 pages


Description

Soudattanoka Edobakufu Edobakufunoseisaku keizai-zaisei-shakai MCD Books  by  Abira Unken

Soudattanoka Edobakufu Edobakufunoseisaku keizai-zaisei-shakai MCD Books by Abira Unken
September 22nd 2013 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, RTF | 110 pages | ISBN: | 9.26 Mb

合議体制の成立や中央銀行の設立、機械化・工業化の推進など、一般的に日本の近代化が始まったのは明治維新以降、つまり明治時代とされている。確かに明治維新は欧米列強に抑圧されてきたアジア諸国にとって近代革命の模範となった。また、第二次世界大戦で敗戦国となった日本が高度経済成長を成し遂げ、世界の列強の仲間入りしたことは「アジアの奇跡」とも呼ばれてきた。その起点は明治維新にあるという文脈である。しかし、明治維新成功の背景に、その前段階である江戸時代に目を向けてみれば、労働生産性や教育水準の高さがあり、More合議体制の成立や中央銀行の設立、機械化・工業化の推進など、一般的に日本の近代化が始まったのは明治維新以降、つまり明治時代とされている。確かに明治維新は欧米列強に抑圧されてきたアジア諸国にとって近代革命の模範となった。また、第二次世界大戦で敗戦国となった日本が高度経済成長を成し遂げ、世界の列強の仲間入りしたことは「アジアの奇跡」とも呼ばれてきた。その起点は明治維新にあるという文脈である。しかし、明治維新成功の背景に、その前段階である江戸時代に目を向けてみれば、労働生産性や教育水準の高さがあり、市場原理主義の浸透があり、マニュファクチュアやギルド(組合)の成立があり、官(幕府)民(商人や職人)の仕事を明確に分けた公共事業の推進と民営化があるなど、すでに近代の合理的な考え方を受け入れる素地が備わっていたことは見逃せない。つまり、「近代化への助走」は、すでに江戸時代に始まっていたのである。本書は、江戸時代に生まれた近代化の萌芽を政治・経済の両面から具体的に紹介していくものである。着目点は、近代的な発想、科学的・合理的な思考の基盤を江戸時代から拾い上げることにある。18世紀初頭、



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "Soudattanoka Edobakufu Edobakufunoseisaku keizai-zaisei-shakai MCD Books":


plombierartigues.eu

©2010-2015 | DMCA | Contact us